コラム

大学生でサークルに入らないってアリなのか?体験談から語ってみた。

サークルって入った方がいいのかなぁ...?
やりたいことも特にないんだけど...
リコ
レオ
いやー、必須じゃないと思うけどね?
ただ、サークル以外で自分がやりたいことは見つけたほうがいいんじゃないかな?

 

大学生になると知らず知らずのうちに、無言のプレッシャーみたいなのがきますよね。

 

大学生は、サークルに入るもの!

みたいな圧力。。。

 

まぁべつに義務でもなんでもなく権利なハズなんですが、「サークルに入ってない」って言うと「え?なんで?」みたいな空気を感じることがあります。笑

 

ただ、実際にサークルに入るメリットってあるのか?

 

筆者はサークルに入っていた期間も入ってなかった期間もありますが、結論言うと入ってなくても特に問題なく卒業できました。笑

 

ただ、入ってないことでちょっと困ったなってときもあったので、そのあたりの体験談について本日はまとめてみたいと思います。

 

注意

・普段は全然別のジャンルについてまとめている筆者が息抜きがてら書いた記事です。

・独断と偏見に満ちてるので、どうするかは自己責任でお願いします。

 

【体験談】サークルに入った話と、サークルを辞めた話。

最初はサークル入ってたんだよね?
いつまで続けてたの?
リコ
レオ
大学1年生の間は続けてたなー。
そのあと、2年生からほとんど参加しなくなって、3年生に上がるときに辞めちゃったよ。

 

ということで、本日の本題に入る前に、簡単に僕の体験談についてまとめてみます。

 

僕の場合は大学1年生の間はサークル活動に勤しんでました。

活動は毎回参加するくらいのいわゆる主要メンバーです。

 

「なんでそんなに参加してたのか?」というと、単純に楽しかったからですね。

話が合う友人も多かったし、一緒に話すのが楽しかったから毎回参加してました。

 

ちなみに、これと言って入った理由はないです笑

入学すると周りの雰囲気に流されて、「あんまり興味もないけど一応入っておくかー。」くらいの感覚でサークルに入ってました。

 

夏は海いったり、冬はスキーいったり、授業の無い時間はビリヤードやボーリングいったり、あれはあれで楽しかったですねー。

人生の夏休みって感じでした笑

 

2年生に上がったあたりから、雲行きが怪しくなり始める...

んで、1年生の間は楽しく続けられたサークル活動でしたが、2年生に上がったタイミングで暗雲が立ち込め始めます。

 

っていうのも、2年生に上がると後輩が入ってきます。

そうなると、サークルでのポジションも上がるので"サークルを運営する"っていう新しい役割が与えられるんですよね。

 

1年生までのお客様気分から一転、そこからは後輩を率いていく役割を背負うことになりました。

 

んで、僕の場合はここでめちゃくちゃ揉めたんですよね。

 

「しっかり活動しないと...」

みたいなサークル一辺倒のグループと、

「いや、運営なんて面倒なことしたくないわ」

みたいなあんまりサークルには興味ないグループ。

 

まぁ、こんなのはやりたい人がやれば良いとも思うんですけど、当時は新歓とかでの人不足感もすごかったので、

なんかグループ内にひずみが出たんですよね。

 

いままで仲が良かったグループがバラバラになる感じで、気づけば僕もサークルとは疎遠になりました。

 

今思い出すとほろ苦い思い出ですが、1年生の時は体感で8割くらいの人がサークル入ってたのが、3年生になるころには3~4割くらいの人しか入ってなかったから、

意外とみんな似たような経験持ってるんかな?

 

大学でサークルに入らないってアリなのか?

んで、前置きが長くなりましたが本日の本題です。

 

上記の状態だったので、僕の場合は1年生の間はサークル活動にめっちゃ参加してましたが、

2年生以降はサークルにはほとんど関わってません。

 

いわゆる、サークルへの加入状態と非加入状態どっちも体験したことになります。笑

 

で、その経験を基にこたえると...

 

大学でサークルに入らないのは全然アリです。

 

サークルに入らないことのデメリット

特に入ってても入らなくっても何も変わらないってこと?
リコ
レオ
いや、ちょっとデメリットはあったかなー。

 

サークルに入らなくても大学生活はふつうに回せます。

(必修が多い学科だったので授業の友達も作りやすい環境だったっていうのもありますけど...)

 

ただ、いくつか困ったポイントもありました。

 

困ったポイント① 過去問が手に入りづらい!

とくに一番困ったのがコレ。

過去問が手に入りづらいこと。

 

大学のテストなんて情報戦でしかないですからね。

 

良い成績を取るにせよ、単位を取ればいいにせよ。

過去問を入手できるかどうかが肝になってくると言っても過言ではありません。

 

え、そうなの?
前の試験問題と同じような試験問題が出るってこと?
リコ
レオ
体感9割は去年と同じ問題が出てたな。

 

ある程度人数が多いサークルに入ってれば自然と過去問は入手できるんですが、サークルに入ってないと別のルートで過去問を見つけてやる必要が出てきます。

 

まぁ、とはいえサークル以外の方法で過去問入手するルートを確保するか、そもそもテストがあまり配分が大きくない授業を取ればいいだけなんですけどね。

僕の場合は同じ学科の友達に過去問を展開してもらうことで事なきを得てました笑

 

困ったポイント② OB訪問しづらい!

2点目に困りがちなのはOB訪問。

もはや就活する際に必須となってますが、サークルに入らないことで訪問できるOBが減ることはあります。

 

ふだんの講義だけだと話せるのは同級生くらいですからね。

先輩とコネクションを作るってなるとサークル、ゼミ、研究室あたりから攻めないとなかなかシンドイです。

 

とくにサークルによっては企業と強いコネがある場合もあります。

入りたい企業が決まってて、そこと強いコネクションがあるサークルがあるなら、迷わず入っておくべきでしょうね。

 

ただ、僕の場合はOB訪問についてはとくにサークルのコネが無くても困らなかったですかね。

大学内の就活課とかでいろんなOBを紹介してくれたので、全然不自由なく就活はできました。

 

困ったポイント③ 学内での友人/恋人が作りづらくなる

3点目が友達と恋人について。

 

当然ですが、サークルを辞めると大学内での友人や恋人は減ります。

講義で他の学生と話す機会はありますが、それだけだと話す時間もあんまりないですしねー。

 

だから、同じ大学の友人を作っておきたいひとはサークル活動に専念するのもアリかもしれません。

 

大学以外でも良いなら、アルバイトするなりインターンするなりいろいろと方法はあるかと思います。

 

実害があるのは1~2年生

レオ
まぁ、サークルに入らなくて困るのなんて1~2年生くらいかなとも思うけどな。
そうなの?
3~4年生は困らないの?
リコ

 

とまぁ、サークルに入らないと発生する(かもしれない)デメリットについて解説してみました。

 

ただ、実際のところサークルに入らないと困るコトなんて1~2年生の間くらいかなと思います。

 

理由は簡単で、3~4年生になるとゼミや研究室が始まるので、サークル以外でもコミュニティができるから

別にサークルにこだわらなくても友達は作れる環境になるわけですね。

 

そもそも、大学によっては学年が上がると別のキャンパスに移動することもあって、サークルが地理的に続けづらい状態になることもあります。

そういう場合は自然とサークルを辞めた人が周りに増えてくので、割とすんなり新しいコミュニティに溶け込めます。笑

 

サークル以外でやることは見つけておいた方がおすすめ

レオ
ただ、サークルしないならそれ以外でやりたいことは見つけておいた方がいいと思うけどね。
ほう。
というと...?
リコ

 

サークルに入らなくても困らない!っていうことをこれまでずっと言ってきました。

ただ、サークルに入らなくても、時間を何に使うかは考えておいた方が良いだろうなとは思います。

 

っていうのも、大学っていうのはやることが無いととにかく暇です。

 

場合によっては

講義があるのは週に1日!

みたいなことにもなりかねないのが大学生です。

 

「なにもやることがない」っていうのはとても贅沢な悩みですが、そんな状況を楽しめるのはせいぜい1週間程度の人が多いんじゃないですかね。

2週間や1か月も続けば、たいていの人は暇すぎてシンドイモードに突入するような気がします。

 

なので、

「大学に入ってもやること、やりたいことがない!」

こんな人はサークルに入っておくのが安牌な気はしますね。

 

サークル以外で仲間を作る方法

ただ、どうしても「サークル活動に興味が出ない!」って人もいるかと思います。

 

サークル活動自体がいくらかお金もかかるし、そういう状態だと続けていくのはしんどいかもしれません。

 

そういう場合は以下のような活動をしてみるのも手じゃないでしょうか。

パッと思いついた方法をまとめておきます。

 

①アルバイト

1点目がアルバイト。

お金も稼げるし、社会勉強にもなります。

 

仕事先にもよりますが、割と大きい規模のバイト先だと大学生のアルバイトも多いので、友達は結構できやすいです。

 

あとは、大学の近場を職場にすると同じ大学の人と知り合えることも多くなります。

まぁ、その分お客さんとして同じ大学の人が来ることも増えるんですけど...

 

ちなみに僕はサークルやってない期間はずっとアルバイトの仲間と遊びまわってました(^^;

 

バイトしすぎて留年した!って人もよく見たのでそうならないようには注意ですが、適度にやる分にはおすすめ。

 

②資格の勉強

2点目が資格の勉強。

自力で取得できるレベルだと意味がないですが...

 

スクールに通わないといけないような比較的むずかしめな資格なら、スクール内で友達ができることも多いようです。

資格を取れれば就活にも有利になるし、良いことづくめ。

 

ただ、お金がかかるのと、そもそも遊びに行くような雰囲気ではないので出会いを求めて資格に行くなんてのは愚策ですかね。。。

 

③学外の活動

3点目が学外の活動。

 

ボランティア、インターン、留学とかが筆頭ですね。

友達もできるし、いろんな人と出会えるから視野も広がります。

 

あと、嬉しいのは就活でもポイントが高いことが多いです。

 

え、そうなん?
どういう点が?
リコ
レオ
自分で思考錯誤する過程が評価されることが多いんよ。

 

就活って「どういう問題があって、その時自分はどのようなことを考えて、行動したか」みたいなストーリーがすごい好まれるんですよ。

問題解決力がある人間だって判断されるみたいですね()

 

まぁそれで問題解決力があるのか判別できるのかは別として、課外活動でそういった経験をしておくのは話のネタとしてはいい気がします。

なかなか大学の講義だけだとできない経験ですしねー。

 

あとは、当サイトが普段まとめている合宿免許も仲間を作るうえでは最適ですね!

【免許取りながら仲間も作ろう!】合宿免許とは?

 

いきなり宣伝!?
リコ
レオ
いや、ちょっとくらい嚙ませても許してもらえるかなと...

 

まとめ

はい、ということで本日のまとめはこんな感じです。

本日のまとめ

  • サークルには別に入らなくてもいい
  • 大学の試験は過去問を入手できるかの情報戦
  • なんでもいいから大学生のうちにやりたいことは見つけたおこう
  • 合宿免許に行こう!

 

まぁ、大学ごとに違いもあるでしょうから、入るか入らないかは雰囲気見てから判断したほうがいいかもです。

とくに最初の新入生歓迎会の間くらいは人生経験がてらいろいろと見て回ってみたらいいのかも。

 

なんといっても飲食代もタダですからね!!

社会勉強しつつ、美味しいもの食べられる、しかも奢りなんて大学1年生の特権と言っても過言ではありません。

 

はい、ということで本日はここまでです。

 

これから大学生になる皆様、いま大学に入ったばかりの皆様。

ぜひ楽しい学生生活を送ってくださいね(^^ゝ

 

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-コラム

© 2022 TC-Licence Powered by AFFINGER5