コラム

自動運転で免許不要になるのは何年後なの?【免許が無いと困るコト】

自動運転のニュースってよく見るけど、私たちっていまから免許取って意味あるのかな?
リコ
レオ
自動運転で免許が不要になるのはまだまだ先っぽいよ?
免許は取れるうちに取っといた方が無難じゃないかなー。

 

自動運転のニュース、最近よく目にするようになってきました。

 

そういったニュースを見た時、ふと

「あれ、これってもう免許取る必要ないんじゃね?」

こういう風に感じたことってありませんか?

 

実際、いずれ自動運転で免許が不要になる可能性は高そうで、法改正などの手続きも進んでます。

 

ただ、免許が不要になるまではいまから15年~20年程度はかかると言われている。

あなたが大学生なら、いまのうちに免許は取っておいた方が良さげです。

 

レオ
社会人になると免許を取るハードルが一気に上がります。
なので、当サイトでは在学中の免許取得をお勧めしています。

 

この記事では、自動運転がこれから先どのような発展を遂げるのか、どうして大学生は学生のうちに免許を取っておいた方が良いのか、このあたりについて深堀してみたいと思います。

 

本記事を読んでほしい人

  • 自動運転のニュースをよく見るけど、実際どの程度自動化されてきているのかよくわからない人
  • 学生なんだけど、免許を取得したほうが良いか悩んでいる人

 

こういった人には参考になるはず。

気になる方は、是非読んでやってください。

 

では、早速本題に入っていきます。

本記事の内容は2021年8月現在の状況を基準に作成してます。

最新の状況は異なる可能性がありますので、ご注意ください。

 

自動運転って?

自動運転って?

レオ
そもそも、リコは自動運転についてどれだけ知ってるん?
車が自動で走ってくれるんだよね?
スイッチオンしたら、ハンドル操作もババッと車がやってくれる!...みたいな?
リコ

 

自動運転って聞くと、自動で全部運転してくれるものを想像している人が多いですが、その段階に行くにはまだまだ時間がかかります。

 

もちろん最終的には車側で完全自動の運転をしてくれる状態を目指して日々技術は進歩してます。

でも、現時点ではその段階には全然及んでないのが実情です。

 

レオ
自動運転はレベルに応じて6段階に分けられてるんよ。
いまは最新技術でもその真ん中のレベルくらいだから、完全自動まではまだまだかかるよ。

 

ふ、ふーん...?
それじゃ、いまはどの程度までならできるの?
リコ

 

自動運転のレベルと対応状況について、紹介してみます。

 

自動運転レベル:0~5

レベル 概要 説明
レベル0 運転自動化なし 運転者が運転のすべてを実行。
(マニュアル操作のみ)
レベル1 運転支援 システムがアクセル・ブレーキ操作もしくはハンドル動作の
一部を行う。
レベル2 部分的に運転自動化 システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作の
両方を部分的に行う。
レベル3 条件付き運転自動化 高速道路など、特定の場所でのみ自動運転が可能
緊急時の対応はドライバーが行う。
レベル4 高度運転自動化 高速道路など、特定の場所でのみ自動運転が可能
緊急時の対応も車が判断できる
レベル5 完全運転自動化 場所などの制限なく、すべての条件で自動運転が可能

 

レオ
自動運転のレベルをざっくりまとめてみると、こんな感じかな。
レベルが上がるほど、車がやってくれる内容が増えていくんだね。
リコ

 

つい10年位前まではほとんどの車がレベル0の状態でした。

そこから技術がどんどん進化して、最近はレベル1くらいの自動運転なら備えている車が多くなってきています。

 

レオ
レベル1は自動ブレーキとかかな。
ぶつかりそうになったら自動で車止めてくれるやつ。
あ、確かにそのレベルならCMとかでもよく見るね!
リコ

 

最近の高性能の車なんかでは、レベル2まで実装されてたりもします。

フォルクスワーゲンとかベンツとかですかね。

 

レベル2になると、高速道路の渋滞などで前の車に追従して自動で車が加速・減速してくれるようになるため運転はぐっと楽になる感じです。

ただ、緊急時にはいつでも運転に戻れるようにしておく必要があるし、自動運転中の責任自体はドライバーにある状態なので、わき見とかはNGです。

 

リコ
ふーん。
いずれにせよ、まだまだ車が自力で運転するレベルには遠そうだね...

 

最新の自動運転レベルはレベル3

ちなみに、最先端のレベルだとどのくらいなの?
リコ
レオ
最新だと、レベル3だね。
ホンダのレジェンドだけに適用されてるよ。

 

最新の自動運転の状況はというと、2021年3月にレベル3適用車が実用化されてます。

開発元は日本メーカーのホンダで、自動運転技術で遅れていた日本のイメージを一気に払しょくしてくれました。

 

⇒関連ニュースがこちら

 

とはいえ、その技術が搭載されたレジェンドはリース価格1,100万円でかつ限定100台限りの生産ということで、一般生産が開始されたというにはまだ遠い状況。

 

また、使用に関しても高速道路で且つ50km/h以下の速度領域のみということで、高速道路の渋滞時の適用に限定されます。

 

え?
渋滞時の自動運転??
それってレベル2となにが違うの...?
リコ
レオ
運転の責任が人じゃなくて、システム側に委ねられるようになった点が大きな違いだね。

 

できることだけを見るとレベル2と大きな違いが無いように聞こえますが、"運転の主体がシステム側に移った"という点が大きな進歩です。

システム側になんらかの問題が発生した場合でも安全に動作をドライバーに引き継げるように、レジェンドにはセンサーや車両制御機能が複数設けられる作りになってます。

 

なので、信頼性が高い分、価格も高くなってしまっているのが実情です。

 

レオ
ここから先、システムがより効率化されて大量生産されたときに価格が下がることを期待したいね。

 

免許が不要になっていくのは、レベル4~

ここでやっと冒頭の免許不要論の話に戻ってきますが、免許が不要になるのはレベル4以降と言われてます。

世界の最新技術でもまだ実現できてない領域ってことだね...
リコ
レオ
そうそう。
実現までにはまだいろんなハードルを抱えている状態だよ。

 

レベル4はレベル3に対して大きな違いがあります。

それは、"何かあったときの動作もシステム側が責任をもって自動運転システム側が車を操作する"ということ。

 

レベル3では万が一の時はドライバーに運転を任せるって奥の手があったわけですが、レベル4ではそれが認められなくなるんです。

 

うーん、機械オンチな私でも、なんとなくそれが難しそうなのは想像がつくなぁ...
リコ
レオ
実際、なにか車側に欠陥があって事故が多発した場合はメーカが責任を負わないといけなくなるからなぁ。
適用に相当慎重にならざるを得ないよね...

 

大学生に免許の取得をおすすめする理由

免許取得 おすすめ 理由

ということで、ここまで自動運転の説明をしてきたので、最後に大学生は免許を取っておこうっていう話をしてみます。

 

当サイトがまだまだ免許が必要だなと判断している理由は、以下4点です。

 

免許を取っておいた方が良い理由

  • 自動運転がレベル4になるまでには時間がかかる
  • レベル4以上の車が一般的に普及するまでに時間がかかる
  • レベル4の自動運転では免許が完全不要にはならない
  • 就職先で自動車免許が要求されることがこれから先も続くと予想される

 

それぞれ、深堀してみます。

 

自動運転がレベル4になるには時間がかかる

これは、さっきのシステムが全部の責任を負わないといけないって話だよね。
リコ
レオ
そうそう。
最近やっとレベル3が適用されたばかりだから、レベル4はまだ先になると思うよ。

 

既にお伝えした通り、はじめてレベル3が適用されたホンダのレジェンドがやっと2021年3月にリース販売されたばかりで、レベル4の開発はまだまだこれからです。

レベル4の適用はまだまだ先になると言われていて、官民ITS構想ロードマップ2020によると、レベル4の市場化は2025年が目標として定められてます。

 

⇒官民ITS構想ロードマップ2020のリンクはこちら

(P150に全体像が記載されてます。)

 

ちなみに、レベル3の市場適用が2020年目標にされていたので、2021年時点ですでに遅れが生じている状態。

この遅れをどれだけ巻き返せるか?が肝になってくると思いますが、2025年に市場化されないこともふつうにあり得るかなと思ってます。

 

レベル4以上の車が一般的に普及するのに時間がかかる

時間がかかる

そして、技術レベルとしてレベル4になったとしても、それが一般車に普及するまでにはさらに時間がかかります。

 

先にお伝えしたレジェンドの例だと車体価格が1,100万円もしたうえに100台の限定生産となってました。

 

これにはバッチリ理由があって、以下のような事情が見え隠れしてます。

車体価格が高く、大量生産されない理由

  • システムの信頼性を高めるために、センサなどの機構を複数設ける必要がある
    ⇒価格が高くなりがち
  • システムのミスで交通事故につながる場合にメーカへの賠償責任に発展する可能性がある
    ⇒メーカとしても適用に慎重にならざるを得ない

 

このため、レベル4の適用された車がいわゆる一般人でも購入できるようになるのは、まだまだ先になるのかなと感じます。

 

レベル4の自動運転では免許が完全不要にはならない

また、"レベル4=免許不要"にはならない点にも注意が必要です。

 

というのも、レベル3の自動運転も現在適用されているのは比較的運転が簡単な高速道路の渋滞時のみ。

信号や合流など複雑な操作が要求される一般道や、渋滞してない状態の高速道路の運転には適用されていません。

 

レベル4が最初に適用されるときにどうなってるかわかりませんが、比較的簡単な状況下でしか自動化されないことが想像できます。

 

仮に「高速道路ではレベル4適用!」みたいな車が出てきても、「一般道の運転には免許が要るよ」って話になるわけで、やっぱり運転免許が不要になるのにはまだまだ時間がかかるのかなぁって感じですね。

 

就職先で要求されるケースが多い

就職先

そして、最後に大学生が免許を取っておきたい最大の理由がこちら。

「就職先で免許を要求されるケースが多い」です。

 

これは直接企業側から「免許取っておくように」と言われることもあれば、転勤などの都合で車が無いと生活できない地域に居住地が移るケースも含みます。

 

就職活動が終わるのが大学4年生の春~夏ごろが一般的なので、そこからでも免許を取りに行くことはできますが、大学4年生と言えばゼミや卒業旅行など大学生活の最後を目いっぱい楽しみたい時期。

あと、理系大学生にとっては卒論の作成などで普通に忙しい時期です。苦笑

 

免許を取って~、免許取得後にも運転の練習をして~ってなってくると結構時間取られるので、免許取るか悩んでいる人はなるべく早い段階(できるなら1年~2年の間くらい)に取っておいた方が良いかも。

 

「免許取るのがめんどうくさい」って人なんかは、いっそ旅行も兼ねて合宿免許っていうのも選択肢としてはアリかもしれません。

一生ものの友達ができたとか、楽しく免許が取れたって答えている人もかなり多いので、もしよければ検討してみてくださいね。(^^ゝ

【関連記事】大多数のひとが「楽しい」と回答!?合宿免許の魅力について調べてみた

 

では、今回はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^ゝ

-コラム

© 2022 TC-Licence Powered by AFFINGER5